CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


NO MUSIC , NO LIFE ?
一介の音楽ファンがちょっとそこに潜り込んだ、たまの日常
<< 「READY?」楽曲試聴が始まった、つうか剛ちゃん曲やばい | TOP | V6 ASIA TOUR 2010 in JAPAN READY? @代々木 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
V6「READY?」(本編DISC)

DVDも全部はまだ観てないし、ソロCDも聴けてないので(汗)とりあえずアルバム本編のメインCDについての意見を。超思いついたままの乱文です。


陳腐な言い方だけど「原点回帰」というか、アイドルらしいド真ん中の曲が多いなという印象です。「スピリット」はじめ「Bouquet」とか「星の降る夜でも」のような。それプラス、エイベックスっぽいダンスユニットならではの音を多用した曲(「LIGHT IN YOUR HEART」「will」や「GUILTY」とか)で構成されていると思います。

まず1つ目のアイドルポップスについてですが、ものっすごくいいと思います。昨今、「ジャニーズだけどジャニーズっぽくない曲」を歌うジャニーズが多い、というかそれ中心になってるじゃないですか。当人もファンもジャニっぽいのを好んでない、音楽的な評価を求めてる部分があるのでしょうし、私も昔はジャニっぽくなければないほどイイと思っていたんです。が。それが主流になってきちゃった今、「スピリット」の真っ直ぐさがちょっと刺さるんですよね。この簡単すぎるメロディと果てしない前向きっぷりを、単純に見習いたいと思うんです。

いきなりパートの振り分けの話にいきますけど、強烈に歌唱力が必要な曲は「way of life」くらいで、過去にいう「僕と僕らのあした」や「それぞれの空」レベルの熱唱ものはないですね。つまり全員ユニゾンが少ないのかな?サビもほとんど3:3ですよね。目立つのは、剛ちゃんや博の声がとっても効果的に、重要なポイントをたくさん任されてること。そう!贔屓目かもしれないけど、剛ちゃんの歌力って、舞台やってから格段に上がりましたよね。繊細で優し〜い感じは失ってないのに、これまでブレてた足ガクガクな部分がなくなった。

まだソロも聴いてないのに、コンサートの想像話にいきまうす。前回2008年のVIBESツアーの目玉は「蝶」でした。目玉ってつまり、その時期の最新シングル、大MC前の1曲ね。で、アンコールのド頭で「LIGHT IN〜」を投下するというシビれる箇所もあったし、その前のツアーでも「way of life」のリリース前披露もあったりして、わりとステージ消化してる曲が多いですよね。

となるとやっぱりソロ6曲はやりますよね。代々木に直太郎なんか来てステージ上がってくれたら最高なんだけど、まぁそこは置いといて。となるとやっぱりソロ6曲(2回目)と新曲たち、プラス往年のヒット曲でファンサしてひさびさに「We are V6!!」っていうことになりますかね。「will」なんかはちょっと森田さんやばいですからねぇ。ガッツリ踊って髪濡らしてほしいと思います^^ ← 

ていうかあれ私も踊りたくなっちゃうんだよなぁ。音も普通にカッコいいから他のライブやクラブと同じようにノってスクリームしちゃいたいぐらいなんだけど、どうも会場のみなさんはおとなしいような。キャーキャー言うだけ言って見物、ていうか観察みたいなのもいいけど、音的にも楽しんでもっとあがっちゃっていい気がします。どうなんだろう。

冒頭と本編エンディングはアルバム同様「Portraits」になると思いますが、思い出を切り取って振り返る曲だし、世界観を重視するディレクション好きの岡田さんがいるから(笑)、映像は今回も凝ってるだろうなー。

posted by ami. | 01:45 | レビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 01:45 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://verybest.jugem.jp/trackback/533
トラックバック