CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


NO MUSIC , NO LIFE ?
一介の音楽ファンがちょっとそこに潜り込んだ、たまの日常
<< RIP SLYME LIVE ON JOURNEY TOUR 2009 @大宮ソニックシティホール | TOP | ころもがえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
木村カエラ 5th Anniversary Live GO!5!KAELAND @横浜赤レンガパーク

大っっっっっ変長らくレポUPを渋っていて申し訳ありませんでした。

7月11日の横浜赤レンガパークで行われた、木村カエラの5周年記念ライブ「GO!5!KAELAND」。
カエラがアーティスト活動を始めてから5年分の感謝が詰まった特別なライブのことをお伝えします。



本人もライブ中のMCで「晴れてよかったねー!」と心底喜んでいたように、
この日の天気は素晴らしい“屋外ライブ日和”になった。
雨でもなくピーカン照りでもなく、心地よい風が吹いて、気持ちいい音楽の響く最適な温度だった。

私たちの行動から言うと、グッズ購入の為長蛇の列に並び出られるまでに3時間以上かかった。
ツアーでもない1回きりのライブ、
グッズのクオリティに定評のある木村カエラのライブ、
集客が2万2千人、という条件下で
たった一箇所代々木体育館レベルの物販ブースで事が足りるとお思い?ん?

そんなこんなでタオルを身につけたらすぐに、
巨大クチビルから“木村カエラの体内”=KAELANDへと入場していった。
ステージから順にA⇒B⇒Cブロック⇒ファミリーブロックという中で私らはCブロックでしたが、
ビジョンモニターのお陰でカエラの状況だけは何とか見つめていられるといった視界であった。

でも今回体感するべきは、見える見えないではなくて、
木村カエラのお客さんだけで2万2千の人が集まっているというこの環境。
野外のライブではそんな空気感を一番に楽しむようにしている。
みんなでその音を受けて、アーティストと一緒に気持ちよくなるのが至極。
だから本人も、「この光景みんなにも見せてあげたい」と何度も繰り返していたのが印象的だ。


選曲は、『Magic Music』から始まり
5年間の全シングルと各アルバムの人気曲を詰め込んだベストな内容と構成で、
まさに応援してくれた人達への感謝を表していた。
カエラはこの5年、本当に進化し続けたと思う。
一番分かりやすいのが歌唱のレベルアップで、毎回毎回「この前より歌うまくなったなぁ〜」と思って聴いていた。
『What ener are you looking for?』なんて、今回のテイクで初めてメロディーラインが分かったくらいだし。

こう言っちゃ元も子もないのだが、カエラの曲はいい曲ばかりでどれも楽しい。
ワンマンということで発言の自由度は高かった中でも、
しみじみ振り返るお話の場面はなかった。
まぁまだまだの5周年なのでお祭り騒ぎで正しい祝い方なのだが、
カエラとそのファンにとって今日の日は最大の区切りになったことは間違いない。
『Butterfly』で声を詰まらせたカエラは、
“今日は 今までの どんな時より素晴らしい”
という歌詞にドンピシャで感無量になってしまったようだった。
けど歌い終えた後には「感動しちゃうね、鼻水ぶわぁーって(笑) 」と笑って喋りだすあたり、
やっぱりいつも“らしい”カエラ。

アンコールではファミリーブロック前のサブステージに登場し、
幻の『Honey B〜みつばちダンス』をミツバチ衣装付きでキューティクルに披露し家族サービス(笑)
次の『リルラ リルハ』では特製カーの上に乗ってメインステージまで移動しながらファンサービス。
もうワケ分からんほどもみくちゃにされながら10mくらい近くで見れたかな?5秒くらい。

Wアンコール最後の曲は「これしかないっしょ!」と『happiness!!!』。
「ありがとー!」が飛び交う観衆を静かにさせて、
「今日はみんな、どうもありがとうー!!!」
2万2千人に向けての感謝を生声で届けてくれたカエラは、
懸命に涙をこらえるように走ってステージを去った。
きっと一番後ろの人も聞き取れたはずだ。


私が木村カエラを好きになりだしたきっかけは、
ものすごく楽しそうに幸せそうに歌っている姿を見たことだった。
昔から自然と好きなアーティストを見つけるのはこのは方法で、明確かつ確実。
本当に歌が好きな人はどこかしらににじみ出てわかるものだと思う。
木村カエラが評価されるのは曲の制作陣の豪華さだとか言われた事もあったが、
その制作陣が認め曲を捧げた彼女の音楽性と人柄は、何物にも替え難いオリジナリティになっていた。
たった一人で曲を書いていたら、
私たちはこんなにもカラフルで広きに渡る曲達を楽しめなかったし、
結果ポップのフィールドで木村カエラという唯一無二さを決定づけた。

カエラはこれからも音楽を、木村カエラ自身を楽しんでいくだろう。
そして彼女はいつも感謝の気持ちを忘れない人だから、
10周年のライブも必ず素敵な形でやるんだろう。
らしさがあって、おもしろさがあって、夢のようでいつつも人間らしいことを思える
木村カエラを、これからも応援したい。
とにかくデビュー5周年、おめでとうございました!!



------<セットリスト>------------------------

01.Magic Music
02.Level 42
03.You know you love me?
04.L.drunk
05.はやる気持ち的 My World
06.TREE CLIMBERS
07.マスタッシュ
08.dolphin
09.You
10.どこ
11.Snowdome
12.What ever are you looking for?
13.Samantha
14.Ground Control
15.ワニと小鳥
16.Butterfly
17.STARs
18.1115
19.BEAT
20.Yellow
21.BANZAI

-アンコール-
22.Honey B〜みつばちダンス
23.リルラ リルハ

-Wアンコール-
24.Jasper
25.Circle
26.happiness!!!

-SE-
Scratch

----------------------------------------------

posted by ami. | 04:46 | LIVE | comments(10) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 04:46 | - | - | - |
コメント
おっ!はやい!(笑)

私もレポがんばろ。正直逃げてたんだよね、レポから。
グッズならびは私も3時間かかったなあ。10時の時点でひどい行列でした。
こうなるともう、どSだとしか思えないよね。絶対「あえて」だよ←

あ、秋のツアー、結局行くことにしました(^^;
ひさしぶりに近所に来るし。
HOCUS POCUSの曲がライブだとどうなるか、今から楽しみです。
キャパ少ないです!2桁です!でもたぶん見えないです←

とにかく今日はami.さんが亀じゃなくウサギだったことがよく分かったのでよかったです。
今まで、寝ていらっしゃったとは。←
亀の私のレポも、書けたらぜひ読んでやってくださいな。
時間かけます。ていうかこれからやります。
2009/07/20 12:46 by 木村774
読んでくださってありがとうございます。

秋のツアー行かれることにしたんですね。
キャパ100以下って嘘ですよね!?
学校の教室以下の狭さですよー。
私はどうしようかなぁ。

やっぱり始めたしまったら一気に書き上げることができたんですけど、
やっぱり論点が定まらずいまいちキマらないのが、私の駄文のクセです。
ナナシさんもぜひ気を奮い立たせてレポ頑張ってくださいね!
2009/07/21 02:57 by ami.⇒木村774さん
まだ5年?もう5年?

なんて表現していいのかわからないけど、
どの曲にもカエラとはこれだという芯があるというか、
製作者が変わってもどれもカエラの曲にきこえるのは
歌詞を書いているせいかもしれないけど、その人間性というか
この人の書いている歌詞がすきなのかもしれません。

ってわけのわからないコメントでごめんなさい。
秋のツアーに行ってきます。
2009/07/22 19:09 by ヴィオラ。
おっとー、はしょりすぎましたね(^^;

私のチケが2ケタ台で、キャパは350〜400くらいのとこです。
あのaikoので500人いたといわれているけど、
それよりも確実に空間ない場所だよ。あー、怖い(笑)

これからレポの3記事目書きます。
経過報告。
2009/07/23 01:40 by 木村774
いやいやワケわかりますよ!とっても共感!

木村カエラは、私の予想していた以上に世の中にうまーく浸透して受け入れられました。
押し付けでなく「私はこんなの好きだけど、どぉ?」ってやり方をしてくるんだけど、
それに「私も好き好き!」って乗る人がどんどん多くなっていった感じ。

だからそういう人達に向けて感謝を述べるのは当たり前のことだけど、
当たり前のことをきっちりできるアーティストであることが素敵ですよね。

秋のツアー行くんですかー!
じゃ私も行こっかなー
実は「HOCUS POCUS」を未だに聞いてないので何ともジャッジできなくて。
2009/07/23 12:05 by ami.⇒ヴィオラ。さん
上々の番号のチケットが取れたんですね^^
思いっきり暴れて楽しんできてください。

たぶん私、オンナク祭があるって思ってるから
今回あまりガッつかないのかなと・・・・。
あれも相当戦場と化した空間ですごいですよー
カエラはそれを上から見て「うわーすごいねー大丈夫ー?」って(笑)

レポがんばって思い出して指を動かしてくださーい!
2009/07/23 12:10 by ami.⇒木村774さん
初めまして!<(__)>木村774サンの記事を探していたら辿り着きました。ライターさん顔負けの筆致に恐れを抱きつつ(//▽//)ゞamiさんのblogに出会えた幸せを感じております . .あ!申し遅れました、カエラー入門中!chikappoと申します。おしゃっていた「これ好きなんだけど、どう?!」「好き好きー!!」は、ファッションリーダーっぽいなぁ と、とても腑に落ちました!変わらずずっと好きなものと、同時代に息づいき変化し続けるものとを、周りのミュージシャンと一緒に呼吸して、自分も音楽も全方位的に磨いてるのだな!!( . .とか、amiサンに感化されてガンバってみた=3)
他の記事も読ませて下さいね。
2009/07/25 03:18 by chikappo
chikappoさん、はじめまして!

そんな、お褒めの言葉を貰えるほどしっかりしたことも書けていないのですが、
ホントのライターになることを志望している者として嬉しいです。
コメント欄まで目を通していただいて、ありがとうございます。

カエラは人やモノとコミュニケートすることによって、
どんどん自分を磨いていきましたよね。
元々光るものがあったにせよ、その輝き方に憧れや好感を持った人は大勢いると思います。

こんなカッチリしたレポばかりではないですが、ぜひご覧いただきたいです。
古い記事でも、何か思うことがあったらいつでもコメントしてくださいね☆
2009/07/25 03:52 by ami.⇒chikappoさん
Σ(゚□゚!. .表現に意識の高い方は、やっぱり「違う」! amiさんがひとこと書かれる度、カエラさんを見る視点を新たに頂いてる気持ちです、、う〜んって唸ってしまいます。過去記事にコメするのがボクの日常なので、またひょっこり顔を出しますよ〜♪

2009/07/25 09:02 by chikappo
いやぁ〜〜〜ほんと恐縮です。。
でも、人の見解ってそれぞれあるから新しいもの受けますよねー。
ここにはあくまで私個人の意見ばっかり書いてるので、
そこのご理解だけはよろしくお願いします(笑)

私もPerfume大好きなので、chikappoさんのブログにもお邪魔しますね〜♪
2009/07/26 01:01 by ami.⇒chikappoさん
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://verybest.jugem.jp/trackback/454
トラックバック
2009/07/28 16:13
HOCUS POCUS(DVD付)(初回限定盤)木村カエラ価格:¥ 2,780 ...
江真亜乃/音楽館