CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


NO MUSIC , NO LIFE ?
一介の音楽ファンがちょっとそこに潜り込んだ、たまの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
V6 ASIA TOUR 2010 in JAPAN READY? @代々木
さっき代々木ラスト公演が終わりました。
私の今年のVヲタモードも終わった同然です。
みんな期待はしているけども、今年中のツアーもう1回とかないから。あり得ないから。

ま、それは置いといて今回の私の参戦状況は代々木のみ4回。28日(代々木初回)、29日夜、1日夜、2日。初回がアリーナA2でメインステとセンター間の花道際という良席で、それから1階着席ブロック、1階10列目、2階とどんどん遠のいていきました。

今回のコンの構成はいたって分かりやすく、ベストシングルメドレーに最新アルバムコーナー突っ込んだものでしたね。目新しいものは3Dくらいだと思うのでDVDにするまでもないかなと思うくらい。でも私は今回、高校の友達というド初心者を引き連れて入った回もあって、そういうビギナーさんには持ってこいの内容でした。

とりあえず、思ったことバババッと箇条書きにしてきます。訳分かんない人や毒舌が無理な方には適さないと思われます。


○ダンス
普通日を重ねるにつれてどんどん疲れていくものかなと思うんだけど、逆にどんどん動きが合うようになってくるんですよね。6人の中で一番早くテンポを取る健ちゃんと、一番遅く取る剛くんなのに、ここ!ってときは角度までもキレーに揃っててホント神。

○アクロバット
今回のアクロバットは、「TAKE ME HIGHER」の岡博の肩宙、6人同時バク転、MFTPの同時バク宙の3回。やっぱりこれは何万回観ても「ケガしませんように!」と手を合わせてしまうもので、これがあるのがVコンの醍醐味だと思うのです。まぁこれが醍醐味だってずっと言われてきたけど、リーダー今年で39なのよ?そろそろ冗談抜きで超人だと思うんですよね。
だし、やっぱジャニーズってバク転してキャーキャー言われてナンボだよなぁって思う。今はそういう風潮じゃないけど、Vがブイブイ言わせてた頃って(NOTシャレ)バク転全盛期だったと思うし、言わずもがなV6は事務所で唯一グループ全員がバク転できるユニットです。だからどんな歳になってもやり続けるっていう、この正しさがすっごいカッコいい。
だから、観てるこっちもアクロバット成功したときは登場のときと同じくらいキャーキャー言ってあげるのがいいと思う。

○歓声
あっそうそう、この流れで黄色い声を上げるタイミングについてもいろいろ考えた。私は、アクロバット成功時と「MFTP」(デビュー曲)が始まった時、「LIYH」などバッキバキに踊ってる時にもっともっと声援上げていいと思う。まぁ声なんてこっちのテンションで出すものだけど、ここだけはステージの彼らをより高揚させてあげるためにも!と。デビュー曲は絶対入れるとか流儀みたいなものがたくさんあるけど、それをただ流すようにやるんじゃなくて、この曲をみんな望んでるからやってるんだってちゃんと思わせたい。

○流儀
今に始まった話じゃないけど、観客のほとんどがリピーターだっていうことに対して、本人たちはどう思ってるんだろうなぁ。
代々木7公演やったって、動員は8万人以上だけど実際の数って実は3万とかだったりして。特効や演出の数々、毎回のインフォメーションに当たり前だと思ってほとんどリアクションしないこの感じって、どうなんだろうな。やっぱジャニって特殊だよなぁ、すべてにおいて。

・「LIYH」ってコンでパフォーマンス観るとほんっとカッコいいですよね。MC前の一番しんどいタイミングでこの曲入れて、バッキバキに踊ってくれるのは本当にうれしい。

・シングルは全部メドレーにするってあるんでしょうが、「Orange」だけはフルでやってほしかった!あの曲はグループ的にも大事な曲だし、今回のセットリスト的にも切り替えの曲だし、なにより切り方が雑すぎてガクッてなるから。

・でも、その「Orange」のとき、あのSEとモニターと衣装。10周年アニバコンのときと同じものを見せてくれて、5年越しで共通の思い出がよみがえるっていいなぁと思いました。

・MCのトークテーマ決めるスロットですが、代々木では「森田くん」に止まるときなかったなぁ。どっかで出るんでしょうか。

・博がどこの位置にいても誰に対しても優しくて泣ける。(毎年)

・剛ちゃん、今年ニヤリ的な笑いが少なかったような。准くんのほうが「岡ってずっとニヤニヤしてるよね」(高校の友人談)って。

・声が枯れようが裏返えようが、生で歌ってくれるまぁくんが素敵でした。ホント、下手っぴでいいから生でちゃんと歌ってほしい、カラオケじゃなくて。もう全ファンにバレてます、誰のどこが生で、どこが声入り音源かってこと。

・1日夜のMCテーマが「電車」のとき。
井「剛は絶対電車乗らなそうだよね!」
剛「ぜっったい乗らない。」
Jr時代に電車通学してたとき、毎日チーマーに絡まれて嫌な思いいっぱいしたから、という森田さん。それにつられて健ちゃんやイノッチもJr時代の絡まれエピソードを話してて、なんか……ほんとに芸能人って大変だな、すごいなと思った(笑)。アイドルってこっちが思う以上に、自分たちを嫌ってる人いっぱいいるんだって実感してると思うな。
ちなみにこの日は平成ジャンプと関西Jr.十数名がステージに上がって紹介され、あーハズレの日だーと思ったけど、6人になったらすごい盛り上がってよかった。


うーんやっぱV6っていいグループ。とにかく残りのツアーも怪我だけはしませんように。
次のツアーはもう岡の変態っぷり発揮しちゃっていいので、ものすごいオリジナリティを求めたいです。個人的にはやっぱり激エロ森田希望です(黙)。
また来年ー!
posted by ami. | 21:12 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
「血は立ったまま眠っている」

初観劇してきました。
これまで、観てきた方々の「とにかく難解」「エロやグロがダメな人はきつい」などなどの意見を聞いていたので、初見でいろいろ理解しようとは思わず行きました。

知らず知らずのうちにネタバレ挟んでると思いますので、嫌な人はご遠慮くださいませ。

原作とかの前知識もゼロだし演劇の専門用語も知らないので、ただの感想だけを言うとですね。
すごい見入れて、全然長いと感じませんでした。もちろんお話は難解だけど、最低限「良」の性格や心情は汲み取ろうとしたつもりです。
剛ちゃんの芝居は、本当に絶妙でした。素人でもわかるし、ファンを抜きにしてもあれはすごい。あらゆる方向からすごいって声が上がってるの、わかる。今回、3度目の舞台出演にして蜷川さんに指名されたわけですが、森田剛のこの部分をフューチャーしたのはさすがですね。ド金髪にしといてあれだけ純真な、でもやっぱどっか狂ってるんですよね。
私はあのアングラな世界、破滅に向かってみんな狂って汚くて堕ちている感じはおもしろかったです。それは何故なのか、何を表してるのか、何のメッセージを放ってるのかは、これからパンフ読んで次回もう一度よく考えないとわかんないんですけど。
でも寺島さんだっけな、理解しようと思って見なくていいって言ってましたよね。うん、頭痛くなるしつまらなくなるし、あまり考えるのはよそうかな(笑) 。

で、カーテンコールで出てきた剛ちゃん。即座に完全に「森田剛」でした。
目つき・顔つき・手使い・走り方、「あっ剛ちゃんだ・・・」って。なんでそんなすぐに役に入ったり出たりできるの。天才なの?(笑)
カーテンコールってそのカンパニーの雰囲気がわかるから大好きです。一列に並ぶと、役者陣その強力さに圧倒されるほどなんだけど、そのド真ん中に剛ちゃんが立っているのを見るともうなんとも言えない気持ちになります。すげぇ、本当にすげぇ森田剛。もっと、もっともっといろんな人に評価されるべき。
なんというか、剛ちゃんの芝居自体がすごく強靭になっていて、こんなにヘヴィな役を演じても同時進行で他のお仕事があっても、もう「押しつぶされちゃうかも」といらぬ心配を抱くことはなくなりました。いやいや本当おせっかいでしかないと思うけども。

あ、別の森田話。
cinemaSQUAREのグラビア、グッジョブすぎる。斗真も剛ちゃんもカッコよすぎる!!
あとピンクの着物着てるやつも、表紙めくった瞬間にドアップピンナップと目が合っていちいちのけぞる。

今週「情熱大陸」が生田くん密着で映画のこと中心らしいけど、剛ちゃんちょっとでも映るかなぁ。

いやー久々に森田充した^^

posted by ami. | 03:47 | V6 | comments(1) | trackbacks(0) |
卍 健ちゃんバースデー 卍 

☆ HAPPY BIRTHDAY to KEN MIYAKE ☆

わー健ちゃんが三十路になったよーーーー
奇跡って起きるんだねーーー☆

悲願のカミコンが決定したということは、
長らく隊長を務められた「カミコン実現を願う会」も円満解散ということですよね。
隊長・・・会長?どっちでもいいか、お疲れ様でした。

でもこんなとこでお疲れしてる場合じゃないから、
やっぱ健ちゃんは普通のV6ファンというわけではないのです。(あったりまえだろ!)

いつもいつも私達の気持ちを理解してくれて歩み寄ってくれて、本当に嬉しいです。
よりイイ男になっていくのを、ずっと応援させてくださいね。
そして、これからも剛ちゃんの近くにいてイチャイチャしてください^^



つーわけで、着々と盛り上がっていくカミセン。

ひとつ、当落確認プラス追加公演発表!
代々木6公演てことは、それだけで7万5千人動員だよーすごいー!
代々木後半3公演と北海道2日間、という予定になりそうです。
aikoで福岡行ったり他のフェスなどでおでかけしまくりなので、遠征は9月札幌だけにします。

ふたつ、ミニアルバム!
ジャケット見てすんごいテンション上がっちゃった!
ジャケ写の特大ポスター欲しい〜〜〜。
なんかやっぱ、写真でカミセン見たらやっと現実味が少し湧いてきて、ちょ〜〜〜ぅ嬉しくなっちゃった。
3人とも大人になったけど、やっぱり「夏のかけら」歌ってた子とも同一人物なわけで、
今でも3人で並ぶとその香りがほんのりするんだよなー。
きっといつまでも消え去らんのよ、あのキラキラ感は。

で、だからこそのツアータイトルですよ。
「We are Coming Century Boys LIVE Tour 2009」
ツアーロゴかわい〜〜〜!ジャケ写やロゴからすると、グッズにも期待大♪
三十路周りの3人にめいっぱいのキャーキャーを贈る、最高のツアーにしましょうね♪♪


おまけに、「おと・な・り」“アラサー相談室”@恵比寿ガーデンシネマ という上映イベントを開催ということで。
今回観客に会いに行く機会がかなり多いですが、
何回見ても「いいもんだぁ〜〜〜〜」ってなる映画だし、ロングヒットしてるのですねー。
あー麻生久美子見たいなーーー☆(そっち!)

posted by ami. | 15:37 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
カミコン発表










ついに実現ーーーー!!!

全国ツアー発表ーーーー!!!!!!


トニコン24日2部のオーラスに、カミセン来場されました。
くそー1部に来ないってことは、もう絶対予想済みですよでも入れませんでしたよ><

でも入った友達から、今いーろいろと聞きまして。
剛ちゃんサンダルだったんだね、とか
健ちゃん言いたくて言いたくてしょうがなかったんだね、とか
それを岡ちゃんはキッと目で制止してたんだね、とか。

んなことよーり!
いきなりWアンコール6人で衣装来て出て『スピリット』お披露目て!
そのままフリーに『グッデイ!!』て!
どんだけ盛り上がるねーんヤバス!
剛ちゃんピョンピョン跳ねてたって^^♪

あーーーーーーーーーーカミコンですよ。
ついに遂に悲願達成・・・いや始まりまで漕ぎつけたところか。
とにかく、、、、隊長(=三宅健)についてよかったぁぁぁ。(そこか)
でもまじで、健ちゃんの口から発表できてホントに良かったですね。
カミさん、その瞬間の歓喜の声、聞いた!?
どんだけ待ち侘びてたかってことを、5%くらいは感じていただけたでしょうか^^

さーカミコンどこ行くぅ? って、相談できることが、うれしい。まだ信じられない。


ただ、ジャニのコンサートってほんとに発表が急、てか遅いよね。
まだ学生だからいいけど、社会人の人は予定調整が大変そう。




<Coming Century CONCERT TOUR 2009 日程>

7/19(日) 広島グリーンアリーナ
7/25(土)・26(日) 大阪城ホール
8/1(土)・2(日) 長野ビッグハット
8/7(金)・8(土)・9(日) 国立代々木競技場
8/19(水)・20(木) 日本ガイシホール
8/23(日) サンドーム福井
8/30(日) グランディ・21
9/6(日) マリンメッセ福岡
9/12(土)・13(日) きたえーる

posted by ami. | 03:56 | V6 | comments(2) | trackbacks(1) |
サンキュー!ミュージック!

ナタリー―V6新作“MUSIC盤”にスキマ大橋、Shigeoらが楽曲提


っっっきゃーーーーーーーーーー!!!!!!!!


V6の新盤情報がっ、、、
あのあのあのナタリーにぃーーーーー!!!!

史上初じゃない!?ジャニーズのリリース情報をニュースとして記事あげるなんて!!
そりゃまぁ今回楽曲提供が話題だからね、
音楽ファンの集う場所に周知する必要性はいつもよりあるけどね!

“ナタリーユーザーのV6ファン”としてなんかすっごいガッツポーズだわぁぁぁ!!

ありがとーキモナタリー!^^



さて、話題を変えまして。

今日は週に一度の本屋巡回をしてきましたが、
岡田くんの顔どーん=表紙がいっぱいでした。

・HEROES
・FLIX   ←ページ数最多
・Cinema★Cinema
・CINEMA SQUARE
・+act   ←麻生さんと一緒に

映画の中で、聡と七緒が直接顔を合わせるシーンはほとんどないので、
こうして親密そうに寄り添っているのは、映画を見た後だととってもキュンとします。

+actは他にも、J Storm Movie特集も大きく組んでいて、
ピカ☆ンチからこの最新作までの全作品紹介やJ Storm幹部解説、
グッズやコラボキャンペーンの数々も紹介していて、かなり興味深かったです。
ジャニ専属制作会社というイメージで固定されがちだけど、
やっぱりいい俳優ばかりなわけだし、
グッズ制作やマーケティング戦略などきっちり押さえるとこ押さえていて
もっと一般に評価されてもいいクオリティであります。

posted by ami. | 23:05 | V6 | comments(4) | trackbacks(0) |
森田剛30歳

いやはや、ごぶさたです〜。
まずは自分の事よりこのことを!


Happy 30th Birthday to GO MORITA!!!

大好きな剛ちゃん、30回目のお誕生日おめでとうございます。
アンビリーバブルな“三十路”突入おめでとうございます。

なんか、今の髪型といい、攻めの姿勢の目立つ30歳になりそうだなぁと感じています。
剛ちゃんのカッコイイと思うもの・イイと直感するものを、じゃんじゃか出してくれたら
間違いはないと思います。
ぜひとも“自由”に!
私が森田剛のファンでいるのはそんなところです。

本当にハッピーバースデー^^
幸せになってくれますように☆
そして、剛ちゃん・V6と私たちが一緒に笑顔になれる場がいつまでもありますように。



posted by ami. | 01:54 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
高崎章史 君臨

ちょっと久しぶりにVのこと〜♪

関東再放送は江口洋介祭り開催中。
つーことは、森田史における2大不良役=章吾クン・修史サマ揃い踏みなわけです。

「ひとつ屋根の下2」は保存していなかったのでフォルダを作って全録画しておいたら、
家族中がかなり夢中になって見ています。
ちぃ兄ちゃんってあんなカッコよかったっけ・・・切ないわ〜。


んで、森田さん!

「こっち。(カチャカチャ、チャキン)」

「(タッ、タッ、タッ、)こんなとこにいたんだ、ナツミ。」

キタ―――――――キチャッタ――――――!!!!!
っていう感じでヤバいです。
リピさせる為の登場かってぐらいです。(んなわけあるか)

章吾は、超絶ビジュアルな上喋り方が弟すぎて(もう日本語になってない)
女子の母性萌え精神を揺さぶり、
修史は、わるーーーーい!!のにかっこいいーーーー!!という、
女子の基本的なギャップ萌え精神を揺さぶる現象。
あんなハイレベルな指名手配プロマイドあったら盗難続出ですって。


そして否応なしに剛ちゃんの演技の上達も見て取れるので、
このままズルズルと他のも見ていきそうです。
「零のかなたへ」とか
「君を見上げて」とか
「喰いタン」シリーズは見始めると長いんだけど・・・
最後はあえて「マシーン日記」で締める!ぶっこわれて終わる!

あっ違うわ、最後は最新作「IZO」でしょやっぱ!散って終わる!

書くのはさらりだけど、
ホントにこんなことしたら、使う感情がヘヴィ過ぎて精神削れそう。(笑)

posted by ami. | 22:47 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
剛コンレポ誌
思っていた以上にRIPライブの余韻がすごい。
iPod回しただけでうっとりしたりニヤついたりノってきちゃったり、
行き交う人の疑惑の目も物ともせず・・・☆(最大限自重はしてます)




が、どんなにメロメロになっていようとも、
複数のアーティストのファンをしている身としては、
いついかなる時もレーダー反応状態にしておかなければならないもの。

ウキウキで改札を通ろうとしたけど、
ハッ!と気づき、くるっ♪と向きを変えて駅ビル内へ。

剛ソロコンの雑誌がもう出ているんだった!


Myojo神すぎる!!!!!
目に焼き付けておいた名場面を全て誌面に入れてくれた・・・
もうオフィシャルライブレポの称号をあげていいです。

ポポロも、ライブ本編に踏み込んだの本人のインタビューがあってナイス!
どこまでが森田さんの指揮範疇だったのか解ったし、
それが解る度に「(客席に自分の足で入りたいって、)自分から言ってくれたのかぁ」などど嬉しくなりました。
やっぱりすごくやさしい人。
才能ある、魅力無限大の、特異稀なる人。
でも、大人として結構ちゃんとしてる人。(笑)

剛ちゃん自身が「ソロコンやって本当に良かった」と言ってくれるなら、
それが私たちファンにとってもこの上なく幸せだなと思いました。
posted by ami. | 23:12 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
Jahnny`s Theater

まだ22日の出来事を書きます。(笑)

ライブ終演後、もう一つの今日の目的を遂行すべく、
青海駅のだーれも行かない反対側へ、一歩一歩そろりそろり・・・(この時点で変人)


(↑撮影日:11月9日)



この、思い出の詰まりまくったあのテントは、


200811222157000.jpg


光るもの一つ無く真っ暗になっていました。




200811222202001.jpg

見えるかな?デジカメ忘れてケータイで撮ったので、ひどい画像でごめんなさい><
敷地の入り口です。ガシャンと鉄フェンスの柵で閉じられ、

200811222201000.jpg

その扉に貼ってありました。

敷地内は雑多にコンテナ等が無機質に置かれたコンクリート地になっていました。



別にわざわざ落ち込みに行ったのではなくて、
「あれはやっぱり夢だったか・・・」と思い込みに行ったのではなくて、

あの2週間剛くんを囲んだこの場所は、本当に奇跡のように素敵な空間だったということ。

そして、もう前を向いて進まなければいけないということ。



11月9日の夜、私は就寝する間際にもう一度パンフレットを読みました。
そこで一つはっとしたことがあります。
そのパンフの最後の森田剛の眼差しが、「次」を向いていたということです。

フォトグラファーとアートディレクターと剛くんの真意はわかりませんが、
その時の私にはそう見えて、胸にドーンときました。


とにもかくにも、Jahnny`s Theaterはもう在りません。
自分の目でしっかり見て「ありがとう」と言えてよかったです。

その5秒後には「ありがとう!リップ!」と言っていたんだけどね(笑)

posted by ami. | 23:40 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
VIBESコンDVD化

---
エイベックス・エンタテインメント
¥ 6,689
(2009-01-07)

ひゃっふぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

出たね出たねVIBESコンDVD発売情報!!
予報は年内かなんて言われてたけど、来年1月7日に決まりました。
あ、ありがとうございます☆お年玉をもらう側のガキんちょには嬉しいです^^

んでんでんで、【DVD4枚組+CD】って、どゆことよ?
はっもしかして、
・VIBESコン:2枚
・トニコン:1枚
・剛コン:1枚
でCDはそれらの新発表曲!?


なーんて都合の良すぎることを考えてもみましたが、
意を決して詳細を確認してみると・・・・・・・
 
・VIBESコン2枚
特典2枚組の内訳は
 ・マルチアングル4曲
 ・MCコレクション
 ・ソロインタビュー
 ・QRコードコレクション企画
特典CDには
 ・「NEXPLOSION」
 ・「選ぶ前に飛べ」
 ・「Crazy World」


とゆことでした。
はぁ・・・・・・。
〜〜〜って、出してくれるだけでとってもありがたいんですけどね。

特にソロインタビューは嬉しいっ!
これはVoyagerのようにツアー中の密着映像ですかね?
それとも終わってからの振り返りインタビューかな?
でもたまには、「LIV6」のように6人でコンサートについて話す姿が見たかったかも。(また贅沢を)

あと「選ぶ前に飛べ」CD化も超グッジョブ!!熱望してました!

MCは、ジャンケン2人残しや他の4人トークが入るかどうかですよね。
あそこは日によって違うのですっごく気になるし、すっごく面白いから。

て感じで、やっぱりDVDは楽しみ感満載!!
学校始まる日とかぶってるぽいけど、ひきこもっちゃいそう!^^(行きなさいよ)



でもでも・・・森コンはどうなっちゃうのかなぁ。
やっぱ剛くんファンだから思いが強いし、なんとか新曲だけでも残る記憶が欲しいんですよね。
要望、絶対殺到してるはずなのに〜〜〜>< むぅ〜〜〜〜〜。



ps.そろそろ年末音楽祭が発表されてきましたね。
(剛ちゃんがコーラを頼むのが恒例の)FNS歌謡祭は12/3、
(去年V6とaikoがしょっぱなに一緒に出てきて焦りまくった)ベストアーティスト2008は12/16、
Mステスーパーライブは明日のオンエアで告知だそうです。
ここで一発奇跡が起きれば、
Vもaikoも他の大〜好きなアーティストも今年もう一回観れるんだけどな。

posted by ami. | 23:38 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |