CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


NO MUSIC , NO LIFE ?
一介の音楽ファンがちょっとそこに潜り込んだ、たまの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
私あわーど2011
2011年にリリースされたアルバムの中から、私が独断と偏見で決定する「私あわーど2011」でけたー。

---
1. YUKI「megaphonic」

2. Perfume「JPN」

3. Rahze「Ta.la.la」

4. RIP SLYME「STAR」

5. 星野源「エピソード」

6. N'夙川BOYS「Planet magic」

7. ONE OK ROCK「残響リファレンス」

8. EMI MARIA「BLUE BIRD」

9. Superfly「Mind Travel」

10. 平井堅「JAPANESE SINGER」

11. サカナクション「DocumentaLy」

12. きゃりーぱみゅぱみゅ「もしもし原宿」

13. ももいろクローバーZ「バトル アンド ロマンス」

14. SIMI LAB「Page 1 : ANATOMY OF INSANE」

15. BONNIE PINK「Back Room -BONNIE PINK Remakes-」
---

選んでみたら1位〜4位がすべてダンストラック多めな作品で、自分の好みがよくわかりました。昨年は震災もあって、チャリティ活動に費やした時間もありオリジナルアルバムを作ろうというモチベーションにならなかった&時間がなかったアーティストも多いように思います。

私も、新譜より昔の音源を掘ることに楽しさを感じてしまって。松田聖子(黄金期)、矢野顕子、ユーミン、小泉今日子、松浦亜弥、キャンディーズ、赤い風船とかの可愛らしい女性ボーカルを求めて探したり、SMAPのデビュー〜森くん抜けるくらいまでのアイドルソングをむちゃくちゃ好んで聴いたりもしたな。いい曲すぎる。

2012年の目標は「応える」。周りの人からもらういろんなもの、愛情、期待、怒り、心配、信頼などなどを、まず見逃さないこと。ほんで受け止めて、自分なりに応えていくこと。それができたら仕事もプライベートも飛躍的に成長するはず、とおもいます。

posted by ami. | 03:16 | レビュー | comments(1) | trackbacks(0) |
私あわーど2010

今年2010年にリリースされた作品の中から私が独断と偏見で決定する
「私あわーど」決定しやしたー。あんま迷わんかったー。


【アルバム】

<金賞>星野源「ばかのうた」

<銀賞>JABBERLOOP「攻め燃える」

<銅賞>BONNIE PINK「Dear Diary」

<4位>土岐麻子「乱反射ガール」

<5位>THE BAWDIES「THERE'S NO TURNING BACK」

<6位>Superfly「Wildflower & Cover Songs」

<7位>EMI MARIA「CONTRAST」

<8位>HALCALI「TOKYO GROOVE」

<9位>aiko「BABY」

<10位>モーモールルギャバン「クロなら結構です」

<11位>東京事変「スポーツ」

<12位>平井堅「Kh re-mixed up 2」(「Ken Hirai 15th Anniversary c/w Collection '95-'10“裏歌バカ”」のボーナスディスク)

<13位>HanaH「i'm not alone」

<14位>環ROY「BREAK BOY」

<15位>LEGENDオブ伝説 a.k.a サイプレス上野「LEGEND オブ FILE MIX」

<次点>清水翔太「Journey」

<選外>多和田えみ「SINGS」※2009年リリース作品


【楽曲】
・ostooandell「君はまるでダンスしているみたいに」(from「music」)
・綾瀬はるか「赤いスイートピー」from V.A.「松本隆に捧ぐ-風街DNA-」)
・AKB48「ポニーテールとシュシュ」(Sg)
・Perfume「ねぇ」(Sg)
・さかいゆう「train」(from「Yes!!」)
・安室奈美恵「Get Myself Back」(from Sg「Break It / Get Myself Back」)
<選外>青山テルマ「ONE WAY」※2007年リリース作品

【感想/総評】
・うーんやっぱ自分J-POPファンなんだなー
・1つひとつについて2000字ずつ語りたい
・こう見ると、名盤と名ライブはまったく別物だなぁと思う
・この1年は、R&B/ソウルで良いと思える作品がなかなかなくてすごく寂しかった。そういう意味でも選外として多和田さんとテルマを入れました
・20年間生きてついに「『歌』以外を聴く」ということができ始めたかもしれない。全ミュージシャンに土下座したい気持ちでいっぱいです
・心の底から感服するアーティストと同時に、あぁ糞だなって思うアーティストも増えました。悪いことではないと思います

posted by ami. | 03:02 | レビュー | comments(1) | trackbacks(0) |
ハタチになりました

17日で二十歳になりました。0時回った瞬間は仕事帰りの電車内で、m-floの「been so long」を聴いてました。24時半くらいに地元に帰って、幼なじみの同級生と3人で朝まで家飲み。昔の話とか今の話とかどうでもいいこととかずーっと喋りながら、6時間くらい。

この日は有給を取りまして、昼に起床。ほぼ姉妹同然の幼なじみと本物の妹と一緒に、上野科学博物館の「大哺乳類展 海のなかまたち」を見に行ったり、街で買い物したり茶したり。23時にやっと自分1人の時間になったので「THE 3名様」のDVDを見てアハアハしたりしました。そんな1日でした。

誕生日にライブや舞台行かないのは4年ぶりだったなぁ。いつもVかaikoですけどね。


きょう会った人たちみんな、今はもう1年に数回会えるかどうかの親友です。みんな同じ土地で育った0歳の頃からの友だちなので、「知り合って20年目かー」と。それから、おめでとうメールをくれた方々は、10代から酒が好きだった私を思ってか「今度飲みに行こうね」というのばっかでした。絶賛ヨーロッパ旅行中の母も、20時には“おねむ”になっちゃう父も、すぐにおめでとうと伝えてくれました。

今年も大切な人がいっぱいて、大好きな人と大好きな音楽に囲まれて生きていることに感謝します。もう毎年言ってる気がしますが、もっと周りの人に優しく素直になれるようにぎゃんばります。東京生まれ東京育ちのハタチなんてまだまだガキですからね、なめられてることくらい分かってるので特権行使して楽しんでいこうと思います。恋愛年齢なんつったらたぶんやっと10歳くらい。人間として認められてないも同然です。そんなもんですハタチなんぞ。

そんな心意気で、明日からまた生活がんばります。

posted by ami. | 02:23 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
「告白」

先日レディースデーの新宿ピカデリーで観ました。
さすがに90%女性で満席でした。

めっちゃおもしろかったー!
ザッツ中島エンタテインメント!

この映画に興味を持ったのは、オリジナルサウンドトラックがRadiohead、相対性理論、AKB48ととんでもないラインナップだということをキャッチしてから。そこで考えてみると、中島作品は映像はもちろん音楽のセレクトの面白さでも有名ですから、過去のサントラもほとんど自分のiPodに入っていてヘビロテしてるなぁと。「嫌われ松子」なんかはAI feat.及川リンとか「おっ」と思わせる共演曲もあって楽しいんですよ。

というわけで結構中島作品を好んで観てるので、この作品もたとえ前情報なしで観たとしても監督名を言い当てられたと思います。映像の質がもろにそうだもんなぁ。

ストーリーもおもしろいの一言。なんだろ、全員がぶっ飛んで狂ってるっていう点では、今年観た舞台「血は立ったまま眠っている」と共通してるなと。私こういうの大好き。この映画の中では、登場人物が全員誰と接しててもコミュニケイトしてないんですよね。めっちゃ虚無。でも同時に映像と音楽がとびきり綺麗。クライマックスに向けて盛り上がっていく速度が、観客の入り込んでいくスピードとぴったり合っていて素晴らしい。

でさ、一番すごいと思ったのは、何千人だかのオーディションで選んだっていう1年B組の生徒達。みんな無名なんだけど全員この世界観に徹底して協力してた。13歳くらいって男子と女子の精神年齢差がMAXな時期だと思うんで、明らかに女子のが大人っぽいところとか、たぶんバスケ部とかバレー部などの、この学校の誇る強豪部所属なんだだろうなっていう短髪の女の子(でもスカート短め)が盛り上げ隊長なところとか、すっげえわかる。私も机の下でケータイいじってる派だったし、教師の言葉とかほぼスルーしてる人だった。「最近の子供」ってのは、良くも悪くも賢くて、思ってる以上に純粋で、思ってる以上に邪悪だと思います。私は今ちょうど子供でも大人でもないけど。

内容から逸れますけど、この映画、今後のカウンター的に「バトルロワイヤル」みたいになるんじゃないかな。柴咲コウとか栗山千明とか塚本高史とか塚本高史とか塚本高史みたいに(待)、これをきっかけに今後ブレイクしていくっていう。終演後、OLさんが「もーずっと修哉に萌えてた」って漏らしてたもん。個人的にはその子「左目探偵」とフインキかぶってると思いますが。

posted by ami. | 02:24 | レビュー | comments(3) | trackbacks(0) |
PP

[PC]http://natalie.mu/music/pp/matsushitayuya
[モバイル]http://m.natalie.mu/pp/matsushitayuya

初めて自分が担当した特集・ナタリーPower Pushが公開されました。
私と同い年のR&Bシンガー・松下優也さんの1stアルバム「I AM ME」についてのインタビューです。
取材自体は1カ月も前に済んでいてそれからあーだこーだ原稿練っていたので、やっと公開って感じ。
師匠のお力をかなり借りたしめちゃくちゃ反省点も多いし、自信を持って、ってわけでもないけど、ぜひ読んでほしいです。よろ!


ここ最近好んで聴いてるのは、
・星野源「ばかのうた」
・土岐麻子「乱反射ガール」
・「DJ FUMIYA IN THE MIX」
・DJ TOWA TEI「MOTIVATION H」
・阿部真央「ロンリー」
・さかいゆう「Yes!!」
・Q;indivi+「ACASIA;」
・ROCKETMAN「dancemusic」
・AKB48「ポニーテールとシュシュ」
・MINMI「Natural」
・福原美穂「Music is My Life」
・HiGE「サンシャイン」
・DOUBLE「Ballad Collection Mellow」
・COMA-CHI「Beauty or The Beast?」
・HALCALI「TOKYO GROOVE」
・モーモールルギャバン「クロなら結構です」

などです。2005年のものとかあるしバラバラだけど、どれも素敵です。
時間があれば自己満なレビュー書きたいなぁ。

posted by ami. | 03:02 | 日記 | comments(5) | trackbacks(0) |
振袖

ブログをもっと更新したいと思っている。

いやいや、ほんとに。


5年前から見てくださってる人とかいるのかなぁ、いないかなー。
いたらすごいよ、片田舎の中学生が渋谷とか下北に通うようになっちゃってさ、
スタスタ街歩いちゃったりさ、げいのうじんとかに会ったりさ、すごいことになっちゃってるよってことは理解されてるのかな。まぁどうでもいいんだけど。


ただの19歳女子的なことを言うと、まだ振袖に関してなんっにもしてないんですよねー。
普段同世代とほぼ接触しない環境で、大学生のように同い年と情報交換する場がないからか、全然危機感とかがなくて。
この前、地元の子に「いやー店も行ってねーしパンフも即捨てだしー」言うたら、信じられん!!バカ!?脳なし!?ぐらいに激しい罵倒を受けましてね、周りの子はもう決めてるどころか前撮りも済ませてるらしいんですわー。えーみんないつそんな時間あるんだろー。

でもお金かけた派手な格好すんのとか、非日常感あふれる特別な服は大っ好きなんですよ。
おそらく考えられるのは、高校が私服校かつデザイン的な専門だったから、そこの卒業式ですごい気合入れちゃったからかなー。そこでやっぱコーディネートって楽しいなーと実感したと同時に、やっぱ時間とお金と手間かかるなーとも感じたので。

つーか着るの?着て、行くの?成人式。そこがそもそもの疑問。
行って、友達いんのかなぁ私(笑)。話すことあんのかなぁ。
「今何してんのー?へーそっかー」×30人て感じか。
自分の今してることを簡潔に言う言葉が見当たらないんだけど、それを練習しとくか。

posted by ami. | 02:24 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) |
V6 ASIA TOUR 2010 in JAPAN READY? @代々木
さっき代々木ラスト公演が終わりました。
私の今年のVヲタモードも終わった同然です。
みんな期待はしているけども、今年中のツアーもう1回とかないから。あり得ないから。

ま、それは置いといて今回の私の参戦状況は代々木のみ4回。28日(代々木初回)、29日夜、1日夜、2日。初回がアリーナA2でメインステとセンター間の花道際という良席で、それから1階着席ブロック、1階10列目、2階とどんどん遠のいていきました。

今回のコンの構成はいたって分かりやすく、ベストシングルメドレーに最新アルバムコーナー突っ込んだものでしたね。目新しいものは3Dくらいだと思うのでDVDにするまでもないかなと思うくらい。でも私は今回、高校の友達というド初心者を引き連れて入った回もあって、そういうビギナーさんには持ってこいの内容でした。

とりあえず、思ったことバババッと箇条書きにしてきます。訳分かんない人や毒舌が無理な方には適さないと思われます。


○ダンス
普通日を重ねるにつれてどんどん疲れていくものかなと思うんだけど、逆にどんどん動きが合うようになってくるんですよね。6人の中で一番早くテンポを取る健ちゃんと、一番遅く取る剛くんなのに、ここ!ってときは角度までもキレーに揃っててホント神。

○アクロバット
今回のアクロバットは、「TAKE ME HIGHER」の岡博の肩宙、6人同時バク転、MFTPの同時バク宙の3回。やっぱりこれは何万回観ても「ケガしませんように!」と手を合わせてしまうもので、これがあるのがVコンの醍醐味だと思うのです。まぁこれが醍醐味だってずっと言われてきたけど、リーダー今年で39なのよ?そろそろ冗談抜きで超人だと思うんですよね。
だし、やっぱジャニーズってバク転してキャーキャー言われてナンボだよなぁって思う。今はそういう風潮じゃないけど、Vがブイブイ言わせてた頃って(NOTシャレ)バク転全盛期だったと思うし、言わずもがなV6は事務所で唯一グループ全員がバク転できるユニットです。だからどんな歳になってもやり続けるっていう、この正しさがすっごいカッコいい。
だから、観てるこっちもアクロバット成功したときは登場のときと同じくらいキャーキャー言ってあげるのがいいと思う。

○歓声
あっそうそう、この流れで黄色い声を上げるタイミングについてもいろいろ考えた。私は、アクロバット成功時と「MFTP」(デビュー曲)が始まった時、「LIYH」などバッキバキに踊ってる時にもっともっと声援上げていいと思う。まぁ声なんてこっちのテンションで出すものだけど、ここだけはステージの彼らをより高揚させてあげるためにも!と。デビュー曲は絶対入れるとか流儀みたいなものがたくさんあるけど、それをただ流すようにやるんじゃなくて、この曲をみんな望んでるからやってるんだってちゃんと思わせたい。

○流儀
今に始まった話じゃないけど、観客のほとんどがリピーターだっていうことに対して、本人たちはどう思ってるんだろうなぁ。
代々木7公演やったって、動員は8万人以上だけど実際の数って実は3万とかだったりして。特効や演出の数々、毎回のインフォメーションに当たり前だと思ってほとんどリアクションしないこの感じって、どうなんだろうな。やっぱジャニって特殊だよなぁ、すべてにおいて。

・「LIYH」ってコンでパフォーマンス観るとほんっとカッコいいですよね。MC前の一番しんどいタイミングでこの曲入れて、バッキバキに踊ってくれるのは本当にうれしい。

・シングルは全部メドレーにするってあるんでしょうが、「Orange」だけはフルでやってほしかった!あの曲はグループ的にも大事な曲だし、今回のセットリスト的にも切り替えの曲だし、なにより切り方が雑すぎてガクッてなるから。

・でも、その「Orange」のとき、あのSEとモニターと衣装。10周年アニバコンのときと同じものを見せてくれて、5年越しで共通の思い出がよみがえるっていいなぁと思いました。

・MCのトークテーマ決めるスロットですが、代々木では「森田くん」に止まるときなかったなぁ。どっかで出るんでしょうか。

・博がどこの位置にいても誰に対しても優しくて泣ける。(毎年)

・剛ちゃん、今年ニヤリ的な笑いが少なかったような。准くんのほうが「岡ってずっとニヤニヤしてるよね」(高校の友人談)って。

・声が枯れようが裏返えようが、生で歌ってくれるまぁくんが素敵でした。ホント、下手っぴでいいから生でちゃんと歌ってほしい、カラオケじゃなくて。もう全ファンにバレてます、誰のどこが生で、どこが声入り音源かってこと。

・1日夜のMCテーマが「電車」のとき。
井「剛は絶対電車乗らなそうだよね!」
剛「ぜっったい乗らない。」
Jr時代に電車通学してたとき、毎日チーマーに絡まれて嫌な思いいっぱいしたから、という森田さん。それにつられて健ちゃんやイノッチもJr時代の絡まれエピソードを話してて、なんか……ほんとに芸能人って大変だな、すごいなと思った(笑)。アイドルってこっちが思う以上に、自分たちを嫌ってる人いっぱいいるんだって実感してると思うな。
ちなみにこの日は平成ジャンプと関西Jr.十数名がステージに上がって紹介され、あーハズレの日だーと思ったけど、6人になったらすごい盛り上がってよかった。


うーんやっぱV6っていいグループ。とにかく残りのツアーも怪我だけはしませんように。
次のツアーはもう岡の変態っぷり発揮しちゃっていいので、ものすごいオリジナリティを求めたいです。個人的にはやっぱり激エロ森田希望です(黙)。
また来年ー!
posted by ami. | 21:12 | V6 | comments(0) | trackbacks(0) |
V6「READY?」(本編DISC)

DVDも全部はまだ観てないし、ソロCDも聴けてないので(汗)とりあえずアルバム本編のメインCDについての意見を。超思いついたままの乱文です。


陳腐な言い方だけど「原点回帰」というか、アイドルらしいド真ん中の曲が多いなという印象です。「スピリット」はじめ「Bouquet」とか「星の降る夜でも」のような。それプラス、エイベックスっぽいダンスユニットならではの音を多用した曲(「LIGHT IN YOUR HEART」「will」や「GUILTY」とか)で構成されていると思います。

まず1つ目のアイドルポップスについてですが、ものっすごくいいと思います。昨今、「ジャニーズだけどジャニーズっぽくない曲」を歌うジャニーズが多い、というかそれ中心になってるじゃないですか。当人もファンもジャニっぽいのを好んでない、音楽的な評価を求めてる部分があるのでしょうし、私も昔はジャニっぽくなければないほどイイと思っていたんです。が。それが主流になってきちゃった今、「スピリット」の真っ直ぐさがちょっと刺さるんですよね。この簡単すぎるメロディと果てしない前向きっぷりを、単純に見習いたいと思うんです。

いきなりパートの振り分けの話にいきますけど、強烈に歌唱力が必要な曲は「way of life」くらいで、過去にいう「僕と僕らのあした」や「それぞれの空」レベルの熱唱ものはないですね。つまり全員ユニゾンが少ないのかな?サビもほとんど3:3ですよね。目立つのは、剛ちゃんや博の声がとっても効果的に、重要なポイントをたくさん任されてること。そう!贔屓目かもしれないけど、剛ちゃんの歌力って、舞台やってから格段に上がりましたよね。繊細で優し〜い感じは失ってないのに、これまでブレてた足ガクガクな部分がなくなった。

まだソロも聴いてないのに、コンサートの想像話にいきまうす。前回2008年のVIBESツアーの目玉は「蝶」でした。目玉ってつまり、その時期の最新シングル、大MC前の1曲ね。で、アンコールのド頭で「LIGHT IN〜」を投下するというシビれる箇所もあったし、その前のツアーでも「way of life」のリリース前披露もあったりして、わりとステージ消化してる曲が多いですよね。

となるとやっぱりソロ6曲はやりますよね。代々木に直太郎なんか来てステージ上がってくれたら最高なんだけど、まぁそこは置いといて。となるとやっぱりソロ6曲(2回目)と新曲たち、プラス往年のヒット曲でファンサしてひさびさに「We are V6!!」っていうことになりますかね。「will」なんかはちょっと森田さんやばいですからねぇ。ガッツリ踊って髪濡らしてほしいと思います^^ ← 

ていうかあれ私も踊りたくなっちゃうんだよなぁ。音も普通にカッコいいから他のライブやクラブと同じようにノってスクリームしちゃいたいぐらいなんだけど、どうも会場のみなさんはおとなしいような。キャーキャー言うだけ言って見物、ていうか観察みたいなのもいいけど、音的にも楽しんでもっとあがっちゃっていい気がします。どうなんだろう。

冒頭と本編エンディングはアルバム同様「Portraits」になると思いますが、思い出を切り取って振り返る曲だし、世界観を重視するディレクション好きの岡田さんがいるから(笑)、映像は今回も凝ってるだろうなー。

posted by ami. | 01:45 | レビュー | comments(0) | trackbacks(0) |
「READY?」楽曲試聴が始まった、つうか剛ちゃん曲やばい

という噂を聞きつけて行って来ました、サイトに。
したらまぁそれだけじゃなくていろいろ収穫があって。

まずフラッシュ。
いつもながらビクッとさすね〜〜〜〜。
ジャケットのデザインを手がけた関口修男さんのサイトが、まさにこのテイストで「あぁー」ってなる。
ていうか、6人とも麗しすぎだよ。(真顔)

それから普通にトップ開いたら、そのBGMにビビって。初めて聴きました。カッコいいっすね。
その中でも「Palm Of My Hand」ってトラック作ったの誰!?と思って調べたら、Vにはおなじみの久米さんでした。
フレンチエレクトロも作れるんだー。
似たような系統でいくと、「nostalgie」ってあの人でしたっけ?
ていうかこれ発表してくれないのかな、コン会場でこれ流れてたらいいと思うんだけど(笑)。

そうして試聴ね。
ちょっともういろいろすっ飛ばして剛ちゃん曲いっていいですか。
「甘尾」
・・・・・
……いやいやいやいや、これは…コンでやられたら……はぁもう息荒くなってきた…。
これちょっとホント失神者出ないですか、いろんなとこから血とかもろもろ出ませんか。
おかあさん、わたしは立っていられる自信がありませんorz


と、いうわけでキモいこと吐けてすっきり!楽しみです!
aikoのアルバムも吐きそうなほど心待ちにしてます。春はいーーーーねーーーーーー^^

posted by ami. | 21:47 | LIVE | comments(0) | trackbacks(0) |
5th Anniversary

本日3月17日で、当ブログ「Very Best !!!」は開設5周年を迎えました。

もう5回目にもなると3月17日が近づくとちゃんと意識するようになってて、学生時代は卒業式とかぶることなんかもあったので、丸ごと一緒に思い出します。

ちょうど1年前に私が書いたことを見てみると、BONNIE PINKの「Thinking of you」を引用して
“変わらないもの 変わったこと どちらも大事”
とまとめてるんですが、本当にこの1年間はそりゃあもういろんなことが変わりました。身分も、環境も、生活も、周囲も、見た目…は変わってないとしても性格すら変わったかもしれません。喜怒哀楽以上のいろーーーーんな感情に左右されて、ぶっちゃけ今も不安定な状態にあるけど、そのどれもが私の場合「音楽」で繋がれている1つのことなので、やっぱり最後は幸せな気持ちになれることが多いです。
ん?何言ってっかよくわかんないけど。

うまくできないことだらけ、わかんないことばかりの現状を、私はすごく嬉しく思っています。自分は無力だと自覚すること。でも自分は何にでもなれる可能性があること。変わらないでいつつ、変わっていくこと。

……なんかブログの書き方忘れたなぁ。。まぁなんとなくそんな心持ちでいます。

っしゃあ明日もがんばるよ!3月はどこの業界も大忙し!
個人的にはV6とaikoのひさびさのアルバムが同日リリースという、これ以上ないプレゼントもあるしね。ツアーも丸かぶりだしね。

そんなわけで、これからもどうぞよろしく。また来ます。

posted by ami. | 01:35 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |